ご近所トラブルまとめ

よく聞くご近所トラブルをまとめています

痴漢事件における冤罪を晴らすために

痴漢事件で逮捕されてしまうことは誰にでも起こり得ることとされており、身に覚えがない場合には徹底的に無実を晴らすための行動を怠らないことが重要となるのです。しかしながら痴漢事件で無実を晴らす事は容易ではないとされており、実際に立件されてから冤罪が晴れるまで数カ月を費やしてしまう事も少なくないのも事実なのであります。また場合によりましては冤罪でありましても無実を晴らすことが出来ずに刑が確定してしまうことも少なくないとされており、罰則を甘受するしか選択肢がないとするケースが多発しているのです。

そこでこうした事態を避けるためにもなるべく早い段階で弁護士の先生に相談することが非常に重要であり、有能な先生であれば違法な取り調べに対する有効な対処法をアドバイスしてもらうことが可能となるのです。また相手側との交渉も重要とされるのですが、被害者側の状況証拠などにおける矛盾点を突くことで告訴の取り下げへ持ち込むことを期待することもできるのです。

このような痴漢事件の場合には、犯罪を確定させようと捜査機関が自白を迫ってくる公算が大きいので、冷静な対応をするためにも法律の知識を有している弁護士の先生にアドバイスを求めておくことは、冤罪を防ぐためにも非常に重要な意味をもっていると考えられているのです。そして無罪を勝ち取れるかどうかがその後の人生を大きく左右することになりますので、最善を尽くしておきたいものなのであります。

ページのトップへ戻る