ご近所トラブルまとめ

よく聞くご近所トラブルをまとめています

台風で飛んできた看板が直撃して被害をこうむった場合

日本各地で異常気象による自然災害が頻発しています。これまでにないような強風と豪雨をもたらす台風もあちこちで発生し、先日この地域でも台風によって大きな被害を受けました。

家自体は大きな被害を受けることはなかったのですが、先日太陽光発電の設備を搭載したばかりなのですが、台風の際に飛んできたらしい大きな看板が太陽光のパネルの一部をはぎ取ってしまい、発電がストップしている状態に陥り、工事を依頼した業者に相談してさっそく修理してもらうことになりました。

もちろん本来であれば保証期間内なのですが、台風などの天災による被害の場合は補償対象外だと言われ実費での修理になりました。それ自体は仕方がない事なのかと思うのですが、今回の被害は台風で飛んできた近所の工務店の看板が直撃したことで起こったものです。被害をこうむった対象がはっきりとしている場合でも天災によるものの場合には損害賠償の対象になることはないものなのでしょうか。

地域の工務店であり、付き合いもあるのでもちろん無理な対応をすることは望んでいません。けれども設置して間もない比較的高価な設備が飛んできた看板で破損したとなると、誰にどんな過失があり損害賠償の責任があることになるのか、なんとなくスッキリとしないので、市で開催される無料の法律相談に一度相談してみるつもりです。そのうえで誰にも過失がないことが判明すればこちらとしてももちろんあきらめもつくので。

ページのトップへ戻る